明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

いのちを守り、生活を守る。 支援の心と、地震への備えを、いま。

明治大学大学院 政治経済学研究科 特任教授 中林 一樹

南海トラフ巨大地震、首都直下地震への対策が急がれるなか、4月に発生した熊本地震もまた大きな被害をもたらしました。被災地の1日も早い復興を助けるため、そして、次にどこで起きるか予測できない地震に備えるため、私たちにできることを再確認したいと思います。

避難期は震災関連死の防止が急務

中林 一樹 熊本の震災は地震自体が特殊でした。地震の揺れの大きさを表す震度は最大が7で、公式に初めて記録された阪神・淡路大震災以来21年のあいだに、熊本を含めて4回起きています。しかし、熊本のように続けて2回起きるのは前例がありません。最初の一撃には耐えた住居も2回目の揺れには耐えられず、被害が拡大してしまいました。また、余震が極めて多いことも特徴で、震度1以上の余震は1200回を超えています(5月7日現在)。このことが人々の心理に大きく影響して、避難者が増え、避難期間が長くなることが予想されています。

 喫緊の課題は災害時要配慮者への配慮です。高齢者をはじめとする要配慮者は、災害によって、さらに生活上の困難にさらされます。最悪の結果である震災関連死も徐々に増えているため、何とかしてこれを防がなければなりません。そのためには、見守りやコミュニケーションが重要ですから、体育館などの避難所でも、集落などのコミュニティを維持して生活することが大切です。よく見知った隣近所の人が気持ちを支え合うことで、共同生活によるストレスも、多少は軽減されるでしょう。

社会・ライフの関連記事

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.6.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

  • 明治大学 文学部 教授
  • 阿部 芳郎
原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

2017.5.24

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

  • 明治大学 農学部 教授
  • 大江 徹男
振込め詐欺を素材に、刑法による介入の限界を考える

2017.4.26

振込め詐欺を素材に、刑法による介入の限界を考える

  • 明治大学 法学部 教授
  • 内田 幸隆
「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2017.3.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 池宮城 秀正

Meiji.netとは

新着記事

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.06.07

移民をスケープゴートにするトランプ政権に改革は期待できるか?

2017.06.01

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

2017.05.24

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

4

2016.11.16

少年法適用年齢、引き下げて大丈夫ですか?

5

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム