明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

明治大学 文学部 教授 諸富 祥彦

最近、うつ病が増えているといわれます。事実、厚生労働省の調査によると、気分障害患者数は1996年には43.3万人でしたが、2008年には104.1万人になっています。うつ病は自殺に至るケースもあります。自分にうつ病の疑いを感じたとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。

早めに援助を求めることは立派な能力

諸富祥彦 私は、本学駿河台キャンパスのアカデミーコモンにある心理臨床センターで、センター長を務めています。当センターでは、一般の方々の心の健康に関する悩みや相談をお受けしていますが、最近、うつ状態になり、やる気が出ないというビジネスパーソンの相談が増えています。
 うつ病には様々な要因がありますが、まじめで責任感の強いタイプの方ほど罹りやすい傾向があります。このようなタイプの方は、仕事がうまくいかないときに、「自分が悪い」、「自分のせいだ」と思い、問題を一人で抱え込み、自分の力で何とかしようと頑張ります。自分の仕事は自分できちんとこなすもので、周囲に相談したり、助けを求めることは迷惑をかけることであり、無責任なことと思っているからです。その結果、一人が頑張れる限界を超えたり、ストレスに圧し潰されて仕事が続けられなくなり会社を辞めることになれば、それこそ会社に迷惑をかけ、自分の家族にも大迷惑をかけることになります。
 そうならないようにするにはどうすれば良いか。早めに病院の精神科などに相談に行くことです。精神科に行くことに抵抗があるのなら、当センターのような機関でカウンセリングを受けてください。要は、援助を求めることです。苦しいときに援助を求めることは恥ずかしいことではありません。むしろ、耐えきれなくなるまで一人で頑張ることの方が、結果として周囲や家族に迷惑をかけ、治療も長引いて自分も苦しみます。援助を求めないことの方が恥ずかしいのです。
 これを、Help Seekig、援助希求といいます。苦しいときに援助を求めることです。これは能力であると考えてください。援助希求ができる人ほど、自己管理能力が高いのです。

社会・ライフの関連記事

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 中村 孝博
精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2017.10.4

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 高瀬 由嗣
女性が活躍する未来の農村のために

2017.9.13

女性が活躍する未来の農村のために

  • 明治大学 農学部 教授
  • 大内 雅利

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム