明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

同性パートナーシップ条例と多様性国家・日本 ―内向きな愛国心が日本をダメにする―

明治大学 国際日本学部 教授 鈴木 賢志

2015年4月1日、日本で初めて東京都渋谷区で「同性パートナーシップ条例(同性カップル条例、正式名称:渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例)」が施行された。これは、同性カップルに「結婚に相当する関係」を認め、証明書を発行するものだ。これまで同性カップルは、日常の生活で不当な扱いを受けてきたが、国際的な人権擁護の流れも受け、ようやく対等なスタートラインに立てたといえる。しかし、一方で根強い反対意見も多い。日本の国際化の今後を占う本条例の意義を探った。

反対運動と結び付く日本の伝統的価値観

鈴木賢志教授 ――4月1日、渋谷区が同性のカップルに「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する新たな条例が成立しました。まず、先生のご見解をお聞かせください。

同性愛の話は、昨年2月から8月まで週刊東洋経済で連載していた「日本人の価値観」で取り上げたことがあります。「同性パートナーシップ条例」は、あくまで社会にあるニーズを汲み上げたものとして冷静にとらえるべきです。”家族”とみなされない同性カップルは、アパートの入居や病院での面会などで拒絶されるなど、不当な扱いが少なくありませんでした。「同性パートナーシップ条例」の成立は、世界的に見てもごく自然な流れとしてあると思われます。ただし、この条例の可否について、ここで論ずるつもりはありません。
むしろ興味深いのはその条例が成立したことよりも、それが大きなニュースとなり、それに対して強硬な反対運動を展開した一部の日本の人々の反応です。その反対運動で、「頑張れ、ニッポン」という幟が立つという奇妙な現象も起こっています。「同性パートナーシップ条例」と「頑張れ、ニッポン」という言葉が、いかにして結び付くのか。そこには、日本の伝統的といわれている価値観への固執があり、その価値観の復活は国力回復につながるという幻想があると思います。したがって、「同性パートナーシップ条例」など、日本の伝統的といわれる価値観を否定するものに対して過敏に反応する現象が起こっていると考えられます。

伝統的価値観の真偽

 ――伝統的価値観といっても多様なものがあると思われますが、反対運動を展開する人にとってどのような価値観なのでしょうか。

多分、戦前から戦後間もない頃の、いわゆる昭和の家族のあり方を指していると思われます。「サザエさん的価値観」といってもいいでしょう。家父長的な大家族で夫は働き、妻はもちろん専業主婦。したがって、「同性カップル」などは、「サザエさん的価値観」を脅かす存在であり、日本を貶める存在となるわけです。
しかし、”伝統的”が戦前・昭和に限定されるわけではありません。中世、戦国時代に来日した宣教師ルイス・フロイスはその著書の中で、日本に”男色”の習慣があることを、驚きを持って伝えています。また女性に”貞操”の観念が薄いことも報告しています。男色蔑視や貞操観念は、明治政府が文化・風俗のスタンダード化を目指し、キリスト教的な価値観を導入した結果、導入されたと考えられます。極論すれば、”男色”は古くからの日本の伝統的価値観の一つともいえるわけです。日本は元々多様なものを受け入れる寛容さを持った国です。それは日本の良さであり、強さ。そしてそれが今の日本を作ってきたとは言えないでしょうか。

社会・ライフの関連記事

裁判員制度は、実は司法の本質と相容れない!?

2017.6.28

裁判員制度は、実は司法の本質と相容れない!?

  • 明治大学 法科大学院 教授
  • 手塚 明
現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.6.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

  • 明治大学 文学部 教授
  • 阿部 芳郎
原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

2017.5.24

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

  • 明治大学 農学部 教授
  • 大江 徹男
振込め詐欺を素材に、刑法による介入の限界を考える

2017.4.26

振込め詐欺を素材に、刑法による介入の限界を考える

  • 明治大学 法学部 教授
  • 内田 幸隆

Meiji.netとは

新着記事

2017.06.28

裁判員制度は、実は司法の本質と相容れない!?

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.06.07

移民をスケープゴートにするトランプ政権に改革は期待できるか?

2017.06.01

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

4

2016.11.16

少年法適用年齢、引き下げて大丈夫ですか?

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム