明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

国土の周辺から日本社会を見る地域が変わると、日本の社会が変わる。

明治大学 商学部 教授 中川 秀一

国としてのグランドデザインの中で、地域振興を考える

 現在、日本の文化・伝統を世界に発信する動きは活発だ。しかし、和食だけでなく、外国に紹介できるものはまだまだある。雪が大量に降って、どんなに山奥で人が住んでいても、自然は美しく、食べているものもすごく美味しい。外国人から見たらそれが面白いのではないか。
 大都市は社会全体への影響が大きいが、周辺の社会が変わると、日本の社会に変化が生まれ、これまでとは違うより住み良い社会になるのではないだろうか。一極集中ではなく、多極化が進行することで、周辺の社会から日本を見ていくことが可能になる。今、そういう契機が来ていると思う。
 しかし、国土の周辺にある地域が存続し得るかどうかは、差し迫った状況にある。学生たちには、海外に出かけるのも悪くはないが、自分の国の現在をもっと見てもらいたいと願っている。農山村の棚田の石垣の美しさは、そこで農耕が営まれていなければ、失われてしまうものだろう。しかし、日本農業の置かれた状況は、その存続を容易には許さない域に入っている。棚田が維持できなくなる状況を知って「残念だ」と感じることができるためには、棚田の美しさを理解していなければならない。すべての日本の農業集落が危ないわけではなく、多くの集落は存続する力を有している。今あるところが、どのような条件でこれからも存続が可能なのかという研究を進めていくことが重要だと思う。
 私は、地域資源の利活用の拡大を通じた、国土周辺の地域経済・社会文化を再構築する社会的な仕組みを作ることが求められていると思う。国土周辺からの展望によって、国土政策のあり方を考えることも重要な研究テーマであると考えている。

※掲載内容は2013年11月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 中村 孝博
精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2017.10.4

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 高瀬 由嗣
女性が活躍する未来の農村のために

2017.9.13

女性が活躍する未来の農村のために

  • 明治大学 農学部 教授
  • 大内 雅利

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム