明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

国土の周辺から日本社会を見る地域が変わると、日本の社会が変わる。

明治大学 商学部 教授 中川 秀一

地域からの立地戦略

中川秀一教授 どのような産業が立地するかによって、地域はさまざまな影響を受ける。雇用はもちろんのこと、地域資源の利活用、土地利用をはじめとする周辺環境への影響など、地域経済や社会生活に大きな変化がもたらされることも少なくない。もちろん企業活動においても立地戦略は重要な位置を占めている。立地戦略は、人材確保や技術革新、コストなど、さまざまな要件に大きな影響を与えるためである。一方、地域に根ざした産業は、与えられた立地条件の中で新たな戦略の構築に迫られている。
 経済地理学は、地域政策、産業立地・配置、まちづくり・むらおこしなどの地域における実践的諸活動を直接研究対象とする分野である。つまり、経済現象を地域的な観点から分析する学問であり、中でも私がテーマにしているのは山村地域論である。山間の地域社会がどのように経済基盤を確立し、生活を維持・向上させることができるかを、現場での観察や調査(フィールドワーク)に基づいて研究している。

今、欠けているのは、ローカルの人の声に耳を傾けること

 災害は地域社会が置かれている問題を示唆している。伊豆大島の今回の台風による災害もその一例である。伊豆大島は台風だけでなく、火山の噴火もあり、地震も頻発している。島の人々は、1986年の三原山噴火のときには、島民同士が協力しあって避難することで、一人も死者が出なかったことを誇りにしている。日頃の防災訓練も熱心に行われており、いわば「防災の島」だったのだ。
 私は、しばしば学生たちとともに伊豆大島を訪れており、この夏も防災の町づくりをテーマに調査合宿を行った。3.11東日本大震災を受けて、大島町の防災課では、都の防災計画見直しへの対応に追われていた。地震と津波への対策を中心に走り回っていた。また、同時に家庭内に設置する防災無線の普及にも取り組んでいた。まちでは、いつも訪ねている椿油製造業者さんに話を聞いた。椿が利用されないと山の管理がおろそかになることを学生たちに分かりやすく話してくれた。そして、木の根が深く張らず、地崩れが起きやすくなっているのではないかと懸念していた。資源管理が十全ではない状況を知悉していたのだ。そこにやってきたのが近年稀にみる大型の台風だった。
 現地からみると、各種報道によって知らされていることとは異なる側面が見えてくる。自ら現地に足を運んで、そこで生活する人々の声に耳を傾け、彼らの立場に立って考えるという視点を持つことが、地域の活力を生み出し、さらには日本が元気になるために、求められていることなのではないだろうか。

社会・ライフの関連記事

民主主義と軍事主義。果たして共存は可能か?

2018.7.11

民主主義と軍事主義。果たして共存は可能か?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 纐纈 厚
災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

2018.6.13

災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 浅井 義裕
衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

2018.5.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 加藤 彰彦
がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

2018.5.16

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 宮脇 梨奈

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.07.11

民主主義と軍事主義。果たして共存は可能か?

2018.07.04

手書き文字の味を活かした、きれいな自分だけの文字ができる

2018.06.27

人の心を理解できないロボットは、人に対して脅威となる!?

2018.06.20

あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

2018.06.13

災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2018.07.11

民主主義と軍事主義。果たして共存は可能か?

4

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

5

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム