明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「共謀罪」法が問題だらけになったのは、オリンピックのせい!?

明治大学 法科大学院特任教授 鎌田 勇夫

オリンピックにこだわって、あまりにも拙速

 なぜ、このような問題や危惧を残すような立法になったのか。それは、国会での議論が尽されなかったからです。例えば、天皇陛下の生前退位の問題については非常に慎重で、多くの学者の意見を聞いた上で、議論が尽されました。同じように、「共謀罪」法についても、多くの刑法学者の意見を聞き、その上で議論を深めることが必要でした。なぜ、このように拙速に立法したのか。それは、2020年の東京オリンピックまでに「国際組織犯罪防止条約」に加盟したかったからでしょう。確かに、世界中が注目するオリンピックで不祥事が起きると、国の威信や信用に関わります。しかし、だからといって重要な立法を慌ただしく成立させるのでは、本末転倒です。オリンピックにこだわるのもわかりますが、国際条約に加盟したからといって、オリンピックを無事に運営することができるわけではありません。そのためには、むしろ、テロを防遏する力をつけることが先決でしょう。例えば、マンパワーを高めたり、各国間の司法共助を進めてテロ犯の摘発をしやすくすることなど、国際条約に加盟していなくても、できることはたくさんあります。さらに、日本には既に「組織犯罪処罰法」もあれば「予備罪」もあります。これらの現行法で、オリンピックの安全な運営に十分に対応できるという議論もあります。さらに、オリンピックには、これら現行法の範囲を拡張する時限立法で対応し、オリンピック後に、じっくり議論を深めてテロ対策の法案をつくるという方法もあったと思います。今後、この「共謀罪」法が、捜査機関の解釈によって弊害を起こすようなことになれば、何をおいても見直しに着手し、厳密な立法を目指して議論を深めることが最重要です。

社会・ライフの関連記事

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 中村 孝博
精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2017.10.4

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 高瀬 由嗣
女性が活躍する未来の農村のために

2017.9.13

女性が活躍する未来の農村のために

  • 明治大学 農学部 教授
  • 大内 雅利

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2017.12.16

新聞広告連動企画「明治大学のロゴマークが、ハートマークに見えた…

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム