明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日本に、オリンピック・ムーブメントは起きているか?

明治大学 政治経済学部 教授 高峰 修

近年、スポーツ界では性に関わる様々な問題が起きています。その背景には何があるのか。また、2020年にオリンピック開催をひかえる東京、そして日本は、こうした問題に対してどう取組んでいくべきなのでしょうか。

LGBTへの偏見と戦う世界のスポーツ界

高峰 修 数年前までのオリンピック憲章には、「オリンピズムの根本原則」として「人種、宗教、政治、性別、その他の理由による、国や個人に関する差別はいかなる形態であれ、オリンピック・ムーブメントと相容れない」と定められていました。2014年版から、この差別の項目に「性的指向」が加わりました。その背景には、いわゆるLGBTといわれる性的マイノリティの社会的認知が進んできたとともに、スポーツ界での取組みも進められてきたことがあります。実は、2014年の冬季オリンピック、ソチ大会の前年に、開催都市の国ロシアは、同性愛を取り締まる法律を施行しました。このことは日本ではあまり報道されませんでしたが、欧米では大きく取上げられ、多くのアスリートたちが異議を申し立てました。オリンピズムに反するという抗議です。騒動は大きくなり、ロシアは、これは国内法なのでロシア国民だけに適用するという譲歩をする形となりました。その後、上述のようにオリンピズムの根本原則に「性的指向」の項目が加わりました。

 もちろん、これですべてが解決したわけではありません。もともとスポーツでは、同性のメンバー間の強い絆が形成されやすいため、特にチームスポーツなどでは、メンバーに同性愛者がいるとわかると、チームメイトに嫌悪感や拒絶感が生まれることがしばしばあります。連帯意識をもちやすいプレー中だけでなく、肌を露出する更衣室やシャワールームなどを共有する機会が多いため、性的欲望をもたれるのではないかという警戒感が生まれやすくなるからです。しかし、同性愛者が常に同性を性的視線で見ていると考えたり、「同性愛者に襲われる」と安易に考えるのは偏見なのです。こうした偏見が一挙に払拭されるわけではありませんが、先に述べたようなIOCの対応もあり、このような偏見も徐々になくなってきています。昨年のリオ・オリンピックでは、LGBTであることを公表する選手が増えました。

社会・ライフの関連記事

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 中村 孝博
精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2017.10.4

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 高瀬 由嗣
女性が活躍する未来の農村のために

2017.9.13

女性が活躍する未来の農村のために

  • 明治大学 農学部 教授
  • 大内 雅利
「共謀罪」法が問題だらけになったのは、オリンピックのせい!?

2017.8.30

「共謀罪」法が問題だらけになったのは、オリンピックのせい!?

  • 明治大学 法科大学院特任教授
  • 鎌田 勇夫

Meiji.netとは

新着記事

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

2017.11.08

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

2017.11.01

「アメリカらしさ」に逆行する白人至上主義

2017.10.25

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

人気記事ランキング

1

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

2

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム