明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

“問題発見力”が魅力あるものづくりにつながる

明治大学 商学部 教授  富野 貴弘

「問題発見力」を鍛える教育と訓練を目指す

富野 貴弘 今後、新しい発想や問題発見力をもった製品を生み出していく人材を育てるためには、理系や文系の枠にとらわれていてはダメだと思っています。エンジニアにもプランニング力やデザイン力が求められるし、プランナーやデザイナーにも技術の知識が必要です。実際、アメリカの大学などでは、学部にかかわらず教養教育、リベラルアーツ教育を重視し、本格的な専門教育は大学院にいってからというシステムになっています。広い視野や多様性を理解する人材が、ものづくりの現場においても、マネジメント部門においても重要だと思います。その意味で、本学の商学部は、商学専門のゼミと一般教養のゼミの2つをとれるダブルコアのシステムを採っています。こうした教育環境の中で“問題発見力”を鍛えることも、我々教育機関の責務と考えています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.9.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

  • 明治大学 法学部 教授
  • 山田 道郎
日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

2018.9.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 木寺 元
ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

2018.9.5

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

  • 明治大学 野生の科学研究所 所長
  • 中沢 新一
民主主義と軍事主義。果たして共存は可能か?

2018.7.11

民主主義と軍事主義。果たして共存は可能か?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 纐纈 厚
災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

2018.6.13

災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 浅井 義裕

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

2018.08.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.08.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

5

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム