明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

“問題発見力”が魅力あるものづくりにつながる

明治大学 商学部 教授  富野 貴弘

「問題発見力」を鍛える教育と訓練を目指す

富野 貴弘 今後、新しい発想や問題発見力をもった製品を生み出していく人材を育てるためには、理系や文系の枠にとらわれていてはダメだと思っています。エンジニアにもプランニング力やデザイン力が求められるし、プランナーやデザイナーにも技術の知識が必要です。実際、アメリカの大学などでは、学部にかかわらず教養教育、リベラルアーツ教育を重視し、本格的な専門教育は大学院にいってからというシステムになっています。広い視野や多様性を理解する人材が、ものづくりの現場においても、マネジメント部門においても重要だと思います。その意味で、本学の商学部は、商学専門のゼミと一般教養のゼミの2つをとれるダブルコアのシステムを採っています。こうした教育環境の中で“問題発見力”を鍛えることも、我々教育機関の責務と考えています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 中村 孝博
精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2017.10.4

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

  • 明治大学 文学部 教授
  • 高瀬 由嗣
女性が活躍する未来の農村のために

2017.9.13

女性が活躍する未来の農村のために

  • 明治大学 農学部 教授
  • 大内 雅利

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

3

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム