明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

異質な者を受け入れる社会へ ー少年法・厳罰化の動きをめぐってー

明治大学 法学部 教授 上野 正雄

社会が生む排除の論理

上野正雄教授 少年法の厳罰化が進むのは、被害者や被害者遺族の声が反映された結果ともいえる。事実、被害者遺族団体の多くも、より一層の厳罰化を求めている。しかし問題を別の側面から見ると、社会が被害者や遺族に手を差し伸べていないという現実がある。たとえば犯罪被害者給付金制度というものがある。これは犯罪被害者に対して、その精神的・経済的打撃の緩和を図るために国が支給するものだ。しかし、その中で、被害者遺族に支給される金額は平均すると遺族1名あたり300万円程度にすぎない。犯罪被害者、特にその遺族は被害を受けたその日から途方に暮れ、先行きの光は閉ざされる。それに対して社会は必要な支援をしているか。たとえば通り魔犯罪に遭遇して命を落とした人がいる。しかしその被害に遭ったのは自分だったかもしれないのだ。その人が被害に遭ったがゆえに、他の人は被害を受けずにすんだのだとは考えられないだろうか。とすれば、被害者は自分を含めた社会全体の犠牲になったとも言えるのではないか。社会は、被害者や遺族への対応を真剣に考え、支援・手助けしていくための仕組みやシステムを作っていく必要があるだろう。
 少年法の厳罰化というのは、単に法律の問題ではない。厳罰化は、今の社会がどのような社会であるかを如実に物語るものだ。厳罰化には、社会にとって異質な者、異物を排除していく考えが根底にあるのではないか。果たして、そのような社会が本当に住みやすく、生きやすい社会であろうか。ましてや可塑性の高い未熟な少年を、罪を犯したことをもって排除しようとすることが、社会のあるべき姿だろうか。臭いものに蓋をするのでなく、それを元から断つために少年には教育こそが必要であり、そういう制度や少年を受け入れる社会が必要であると考える。社会は決して均質ではない。いろいろな人間がいて、互いの異質性を理解し尊重することで、日々生活していけるのだと思う。厳罰化の進行は、生きにくい社会を形成することになる。異質な者も失敗した者も受け入れる穏やかな社会、生きやすい社会のあり方を、今後も法学からのアプローチで模索していきたいと考えている。

※掲載内容は2013年10月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

悲愴をユーモアに変容する哲学を始めよう

2018.3.14

悲愴をユーモアに変容する哲学を始めよう

  • 明治大学 文学部長 教授
  • 合田 正人
炎上CMも流行現象のひとつ。そこから見えてくるのは…

2018.1.24

炎上CMも流行現象のひとつ。そこから見えてくるのは…

  • 明治大学 文学部 教授(2018年3月31日退職)
  • 市川 孝一
スポーツで町を元気にするシナリオ ~ ソーシャル・イノベーション

2018.1.17

スポーツで町を元気にするシナリオ ~ ソーシャル・イノベーション

  • 明治大学 経営学部 特任講師
  • 金子 郁容

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.04.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.04.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

2018.04.11

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

2018.04.04

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

2018.03.28

仮想“通貨”が儲かるというのは、大きな誤解

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.02.28

このままでは、日本は武器輸出大国になる!!

3

2018.04.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

4

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

5

2018.04.11

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム