明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

インフォームド・コンセントのための“言葉”を創る

明治大学 国際日本学部 教授 田中 牧郎

病気などの治療を受ける際、医師の説明が昔に比べて長くなったと感じる人は多いのではないでしょうか。1997年に改正された医療法により「説明と同意」を行う義務が明文化され、インフォームド・コンセントが重視されるようになったためですが、それでも、医師の説明を十分に理解できるようになったでしょうか。そこには、医療用語という難解な壁があるのです。

カタカナ語を意味のわかりやすい日本語に換える

田中 牧郎 私が明治大学に来る前に所属していた国立国語研究所は、日本の国語に関して何か問題があれば、それを改善するという仕事を行っているところでした。当時の小泉首相が、役所の人たちがよくわからない外来語を使うことを一喝し、わかりやすい日本語に言い換える提案を行うことになり、私が担当しました。確かに、「企業倫理」と言えば良いのに「コンプライアンス」と言ったり、よく意味もわからずに、「我が町のアイデンティティ」などと言ったりします。こうした、いわゆるカタカナ語がもっている概念や意味を日本語に言い換えて、中央省庁をはじめ県庁、区役所、市役所などに提案していきました。この提案を役所の人たちは歓迎してくれ、中には自分たちで独自に「言葉の見直し委員会」を創り、改善に努めようとしたところもあります。

 こうした作業を行う中で、「インフォームド・コンセント」を「納得診療」と言い換えました。「納得」も「診療」も普通に使われている言葉ですが、それを組み合わせた言葉はなく、「インフォームド・コンセント」の基本的理念を現わす言葉として最適だと判断しました。ところが、全国の医師たちからもの凄い批判がきました。確かに、直接的な意味では「インフォームド」は「説明を受ける」であり、「コンセント」は「同意を与える」です。「納得」でも「診療」でもありません。事実、日本医師会などは、「説明と同意」という言葉に訳して導入を図っていました。それに加え、医療者ではない私たちが日本医師会の訳語を無視するかのように、勝手に言葉を換えるのを不快に思ったようでした。実は、こうした専門用語の言い換えは医療分野に限らず、工業界、法曹界などからも同様の批判が起きました。役所への提案と異なり、専門家たちには、門外漢である私たちの言い換えの提案は、快く受入れられなかったのです。

 そこで、外来語全般を扱うのではなく、専門分野ごとに作業を行っていく必要があると考えました。一般の人たちにとって、最もわからないと困るのは医療や福祉の分野であり、まさにインフォームド・コンセントを推進している時期でもあったので、私たちは「病院の言葉」委員会を立ち上げ、外来語に限らず医療の言葉をわかりやすくする作業を始めました。

社会・ライフの関連記事

炎上CMも流行現象のひとつ。そこから見えてくるのは…

2018.1.24

炎上CMも流行現象のひとつ。そこから見えてくるのは…

  • 明治大学 文学部 教授
  • 市川 孝一
スポーツで町を元気にするシナリオ ~ ソーシャル・イノベーション

2018.1.17

スポーツで町を元気にするシナリオ ~ ソーシャル・イノベーション

  • 明治大学 経営学部 特任講師
  • 金子 郁容
人は信じたいものを信じるから、フェイクニュースに操られる

2017.12.20

人は信じたいものを信じるから、フェイクニュースに操られる

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 江下 雅之

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.02.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

2018.02.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2018.02.07

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

2018.01.31

「ジェネレーションフリーの社会」の発想が、 年金制度の行き詰まりも打開する

2018.01.24

炎上CMも流行現象のひとつ。そこから見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2018.02.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2

2018.02.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

3

2018.02.07

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

4

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム