明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

明治大学 政治経済学部 教授
明治大学付属明治高等学校・明治中学校 校長
 安藏 伸治

出生率が継続的に低下していく、いわゆる「少子化」は社会保障をはじめ経済全般に大きな影響を与える深刻な問題である。筆者は今年3月からスタートした、内閣府の「少子化危機突破タスクフォース」に参加し、少子化対策の提言をまとめた。それを踏まえた少子化を取り巻く現状と、求められる対策について解説したい。

人口データ分析から見る「少子化」の憂えるべき現状

安藏伸治教授 私が専門とする人口学は、年齢や性別、世帯構造、学歴、職業等の人口学的特質を活用して人間の行動を分析する学問である。特に人口変動に密接に関わりのある、出生、死亡、結婚、離婚、移動の動向を研究対象としている。人口学にとって重要なことは、必ず信頼できるデータを用いて検証していくことである。人口学研究は事実の確証に基づく、極めてデータオリエンテッドな学問である。現在、この人口学が取り組むべき最大かつ喫緊の課題が「少子化」問題である。日本の少子化はすでに40年前から始まっている。合計特殊出生率(女性が一生の間に生むとされる子供の平均数)が2.07を確保することができれば、「人口置換水準(人口を維持できる数値)」を保っているとされている。この水準を継続的に下回る現象が「少子化」である。日本は1973年の2.14を境に低下しはじめ、2005年には過去最低の1.26まで低下した。その後2012年には1.41まで回復したとされるが、これは国の少子化対策が奏功しているのではなく、1971年~1974年に生まれた第二次ベビーブーム世代の女性が、40歳前後になり様々な努力で産んでいる現象でしかない。今後、母親人口は確実に減少する。出生率がこのままの水準で推移すれば2300年には日本の人口は約360万人に激減すると予測され、年金、介護などの社会保障が崩れ国家の保全もできない状況に陥る可能性がある。

社会・ライフの関連記事

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.6.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

  • 明治大学 文学部 教授
  • 阿部 芳郎
原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

2017.5.24

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

  • 明治大学 農学部 教授
  • 大江 徹男
振込め詐欺を素材に、刑法による介入の限界を考える

2017.4.26

振込め詐欺を素材に、刑法による介入の限界を考える

  • 明治大学 法学部 教授
  • 内田 幸隆
「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2017.3.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 池宮城 秀正

Meiji.netとは

新着記事

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.06.07

移民をスケープゴートにするトランプ政権に改革は期待できるか?

2017.06.01

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

2017.05.24

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

4

2016.11.16

少年法適用年齢、引き下げて大丈夫ですか?

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム