明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

期待が高まる、トマト、アスパラガスの画期的な新栽培法

明治大学 農学部 准教授 元木 悟

最近、野菜の高騰がニュースになることがあります。もともと、野菜の生産は季節や天候に左右されますが、近年では、異常気象や震災の影響を受けることが多くなっています。そこで、野菜の新たな栽培法の研究開発が進められていますが、本学農学部もその一翼を担っています。

野菜の摂取量を上げるために

元木 悟 野菜には人の身体に必要な栄養素が含まれていることは、みなさんご存じだと思います。健康を維持するために、野菜はとても重要な食べ物です。最近では、さらにアンチエイジングや抗がん作用なども注目されています。ところが、日本人の野菜摂取量は1985年くらいがピークで、その後、だんだん落ちてきているのです。厚生労働省の健康施策である「健康日本21」で推奨されている1日の野菜摂取量は350gですが、男性の平均は299g、女性は289gで、いずれも達していません。これには様々な要因があると思います。生産者の側の課題としては、変化する消費者の嗜好やニーズに対応すること、また、異常気象や天候不順にもできるだけ安定した供給をすることなどが挙げられます。そのための新しい品種や栽培法の開発が様々な研究機関などで行われていますが、私たち「野菜園芸学研究室」でも、多くの生産者の方々と共同し、様々な取組みを行っています。その中からは、画期的と評価され、全国に広がる栽培法が生まれています。

IT・科学の関連記事

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

2018.5.9

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

  • 明治大学 商学部 教授
  • 高浜 光信
共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

2018.4.4

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 嶋田 総太郎
仮想“通貨”が儲かるというのは、大きな誤解

2018.3.28

仮想“通貨”が儲かるというのは、大きな誤解

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授(2018年3月31日退職)
  • 金子 邦彦
デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

2018.2.7

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 波戸岡 景太
高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 村上 周一郎

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.06.13

災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

2018.06.06

グロテスクを含み、周囲を侵食する「かわいい」は、日本の美意識の王道

2018.05.30

スポーツで養うのは従順さ? 主体性?

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

2018.05.16

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

人気記事ランキング

1

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.06.13

災害大国日本では、保険が中小企業を救う!?

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム