明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

明治大学 農学部 准教授 村上 周一郎

食肉企業との異分野コラボ

 実は、食肉業者にも、ドライエイジングの熟成肉を作るのにはリスクがあります。まず、熟成期間に3ヵ月間かかること。ウェットエイジングならば3ヵ月間で3回出荷できますが、 ドライエイジングは1回しか出荷できません。また、食の安全性の問題もあります。肉を熟成させる庫内には、付いて欲しい菌だけでなく、様々な菌が生息しています。付いて欲しい菌にとって最適な生育環境をどんなに整えても、例えばそれはケカビという菌で、生えると肉の表面は白っぽい獣の毛のような菌糸で覆われますが、実際は所々は朱色や緑の菌が生え、かなりまばらな感じになります。ケカビが先に生えてバリテリアを他のカビの生育を抑えてくれれば良いですが、菌の生育の早い者勝ちなので、常にリスクがともないます。また、肉を出荷するときは、ケカビの白い部分を含め、表面を1センチから1.5センチほど削り落とします。歩留まりが低いので、当然、ドライエイジングの熟成肉は価格が高くなるわけです。

 現在、パートナーとして一緒に「エイジングシート」を開発し、また、最初に「熟成肉」について疑問を投げかけてきた外食企業の代表から、こうした問題を聞いたとき、微生物の専門家である私の立場からは、熟成肉で生育している優良菌を上手く利用できないかと考えました。確かに畜産学と応用微生物学の分野は本来は異分野で、これまでコラボすることはまずなかったのです。微生物の研究を幅広い視点から捉えることに興味をもっていた私は、産学共同研究をスタートさせました。その結果、誕生した製品が「エイジングシート」なのです。

IT・科学の関連記事

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 齋藤 孝道
AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 小笠原 泰
腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

2017.10.25

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 浅沼 成人
リーチサイトの規制で、みんなを豊かにする方法がある!?

2017.9.27

リーチサイトの規制で、みんなを豊かにする方法がある!?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 今村 哲也

Meiji.netとは

新着記事

2018.01.17

スポーツで町を元気にするシナリオ ~ ソーシャル・イノベーション

2017.12.27

いま、地域活性化の目玉として変貌する公立図書館に注目したい

2017.12.20

人は信じたいものを信じるから、フェイクニュースに操られる

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

人気記事ランキング

1

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2

2017.11.08

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

3

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム