明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

明治大学 農学部 准教授 浅沼 成人

「浅沼研究室」で有益な腸内細菌を世界初発見

 人が食べるご飯やパンに含まれる成分のひとつに、グルコシルセラミドがあります。この成分は人の消化酵素だけでは分解できず、吸収もされずにそのまま排便されますが、それを分解し吸収できる物質にしている腸内細菌を、私の研究室では世界で初めて発見しました。しかも、そうやって生成された物質は、人の免疫力を高めたり、また、肌の細胞の活性化につながるシグナル物質として作用するのです。つまり、この腸内細菌を増やせば、ふだん通りにご飯やパンを食べているだけで、病気に罹りにくくなったり、肌をきれいにすることができるのです。特に、肌の上から成分を染みこませようとする従来の美容製品に比べ、効率良く効果を発揮させることができるようになると思います。まだ研究中ですが、実用を目指しています。

 ある意味、私たちは腸内に非常に有用なペットを飼っているようなものです。人にとっては消化が悪い食物繊維も、それゆえに彼らに豊富なエサを与えることになります。また、ヨーグルトなどを摂ると、自分に役立つペットを増やすことができます。このような意識で日頃の食生活を見直してみるのも良いと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

2018.5.9

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

  • 明治大学 商学部 教授
  • 高浜 光信
共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

2018.4.4

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 嶋田 総太郎
仮想“通貨”が儲かるというのは、大きな誤解

2018.3.28

仮想“通貨”が儲かるというのは、大きな誤解

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授(2018年3月31日退職)
  • 金子 邦彦
期待が高まる、トマト、アスパラガスの画期的な新栽培法

2018.3.7

期待が高まる、トマト、アスパラガスの画期的な新栽培法

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 元木 悟
デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

2018.2.7

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 波戸岡 景太

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.05.16

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

2018.05.09

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

2018.04.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.04.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

2018.04.11

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

人気記事ランキング

1

2018.05.16

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2017.06.28

裁判員制度は、実は司法の本質と相容れない!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム