明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

明治大学 農学部 准教授 浅沼 成人

社会の高齢化が進むとともに人々の健康志向が高まり、様々な健康法がマスコミやネットなどで取上げられています。そのひとつに「腸内フローラ」があります。がんの治療や老化防止にも役立つといわれていますが、実は、腸内細菌の研究が進展したのはここ20年ほどのことです。何が解明され、何が研究段階なのか、冷静に確認してみましょう。

腸内に棲む細菌の数は人の全細胞数よりも多い

浅沼 成人 いわゆる腸内フローラとは、私たちの腸内に生息している細菌のことです。腸は広げるとテニスコート1.5面分ほどにもなりますが、そこに細菌がびっしりと付着していて、その数は100兆~1000兆個にもなるといわれています。人間を構成しているすべての細胞数が60兆~70兆個なので、腸内細菌はそれよりも多いのです。これほどの数の腸内細菌ですが、胎児の段階では無菌といわれています(最新の研究では異論も出ていますが)。母親の体外に出たあと、空気感染や母親との接触などを通じて菌は棲みつきはじめます。というと、汚染されていくようなイメージがありますが、むしろ、赤ちゃんが生きていくためのメカニズムのひとつといえます。例えば、コアラはユーカリを主食にしていますが、ユーカリには毒性の物質が含まれています。それをコアラの腸内細菌は分解し、栄養素として吸収できるようにしているのです。ところが、コアラの赤ちゃんも生まれたときは無菌です。でも、お母さんのお尻を舐めたり糞を食べることで、そこに含まれているお母さんの細菌を受取り、ユーカリを食べることができるようになっていくのです。人の腸内細菌の種類は、最新の研究で見直されたりしていますが、約3万種類あるといわれています。それぞれの役割や機能がすべて解明されたわけではありませんが、コアラと同じように、吸収しきれない食物の成分を分解して吸収できるようにしています。さらに、その分解して生成された物質が、人の栄養素になるだけでなく、免疫力のアップなどにつながることから、最近、特に注目されるようになったのです。

 腸内細菌については、まだ多くのことが解明されていません。研究が進まなかったのは、ほとんどの腸内細菌は、空気のない無酸素環境の腸内で生息する嫌気性生物だからです。人工的に培養することが非常に難しく、長い間、研究は進展しませんでした。その状況が変わったのは、ここ20年で遺伝子解析技術が進歩したからです。腸内細菌を培養しなくても、そのDNAを調べることで、種類や機能もわかるようになってきたのです。

IT・科学の関連記事

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

2018.5.9

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

  • 明治大学 商学部 教授
  • 高浜 光信
共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

2018.4.4

共感を得るのは身体表現をともなったコミュニケーション

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 嶋田 総太郎
仮想“通貨”が儲かるというのは、大きな誤解

2018.3.28

仮想“通貨”が儲かるというのは、大きな誤解

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授(2018年3月31日退職)
  • 金子 邦彦
期待が高まる、トマト、アスパラガスの画期的な新栽培法

2018.3.7

期待が高まる、トマト、アスパラガスの画期的な新栽培法

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 元木 悟
デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

2018.2.7

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 波戸岡 景太

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.05.16

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

2018.05.09

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

2018.04.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.04.18

イスラームの情報を「いらないボックス」に入れ続けていて良いの?

2018.04.11

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

人気記事ランキング

1

2018.05.16

がん要因の45%は予防可能!! それを知らずに生活するのは危険

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2017.06.28

裁判員制度は、実は司法の本質と相容れない!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム