明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

農業では人自身がビッグデータ。その活用システム構築を目指す

明治大学 農学部 農場 特任教授 小沢 聖

プロの農家の経験と勘を数値化して共有する

小沢 聖 さらに、栽培者が経験を積み、自分なりのやり方ができるようになってくると、そのやり方に応じて「ゼロアグリ」の制御目標とする土壌水分、土壌ECの設定を調整することができます。例えば、同じトマトでも、ストレスを与えると糖度が増してきます。そのストレスの程度がわかってくれば、それに応じた培養液供給に変えることができるのです。その調整は、パソコンやタブレット端末でクラウドに接続すれば、簡単にできます。しかも、その調整したデータはクラウドに保存されていきます。すると、同じ地域で「ゼロアグリ」を使っている栽培者が多くなれば、その地域のデータベースができることになります。そこで、Aさんのやり方を真似てやってみたいと思えば、Aさんのデータを使わせてもらうこともできるのです。これが、「ゼロアグリ」の重要な機能です。

 長年農業をやってきた人の経験と勘を引き継ぎたいと思っても、それを言葉で説明し、伝えることは簡単なことではありません。しかし、それをある程度数値化すれば、伝わりやすくなります。実は、農業生産現場でビッグデータを活用しようという試みは多くあります。しかし、測定データを集めるには多大な資金が必要なだけでなく、解析するロジックが不十分です。それより、栽培者の感性、感情、行動などを解析する方が有益だと考えます。人間というのは、いわば、非常に優秀なセンサーなのです。例えば、プロの農家は、いちいち温度計や湿度計を見たり、土壌にセンサー類を入れて確認するようなことはほとんどしません。気象の状態も、作物の状態も、計器で測るのではなく、見たり、触ったり、嗅いだりするうちに、自分の感性で判断します。それが積み重なったのが経験と勘であり、それは、いわばビッグデータなのです。それを数値化し、数値保存することで、多くの人が学んだり、その技術を後世に伝えることが容易になっていくと、考えます。

IT・科学の関連記事

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

2018.8.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 石田 祥子
紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

2018.8.8

紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 小早川 周司
手書き文字の味を活かした、きれいな自分だけの文字ができる

2018.7.4

手書き文字の味を活かした、きれいな自分だけの文字ができる

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 聡史
人の心を理解できないロボットは、人に対して脅威となる!?

2018.6.27

人の心を理解できないロボットは、人に対して脅威となる!?

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 武野 純一
あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

2018.6.20

あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

  • 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科教授
    クリエイティブインタラクション研究所長
  • 荒川 薫

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

2018.08.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.08.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

5

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム