明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日本がアメリカの大統領選挙に学ぶこと

明治大学 政治経済学部 教授 海野 素央

今年はアメリカの大統領選挙の年です。世界に影響力のあるアメリカだけに、その大統領に誰が就くのか日本でも注目されています。さらに日本にとっては、その選挙活動にも注目すべき点があるといいます。

アメリカ大統領選挙にいま吹き荒れている風

海野 素央 今回のアメリカ大統領選挙の候補者たちの主張を見ていると、大きな特徴があることがわかります。それが最も際立っているのが共和党のトランプ氏です。彼の主張のベースは、まず、反職業政治家(既存の政治家に対する怒り)。次に、反エスタブリッシュメント(既存の支配階級層に対する不満)。そして、反インサイダー(ワシントンの上下院議員と各州の知事に対する不信)です。つまり、オバマ大統領を中心としたこの8年間の政治に対する有権者の怒りや不満、不信、裏切られた気持ちを代弁しているわけです。面白いことに、極右のトランプ氏と極左のサンダース氏も反職業政治家、反エスタブリッシュメント、反インサイダーの風を読んだ選挙戦略を展開しています。その結果、エンターテインメントの男とすら見なされ、泡沫候補と目されていたトランプ氏は各州における予備選挙で勝利を収め、一方、サンダース氏は民主党では圧勝と見なされていたクリントン氏を苦しめています。同じベースの主張を展開する二人が強力な候補者となっている背景には、アメリカ国民の間にオバマ政権に対する不満や不信が根強くあることを現わしています。

 トランプ氏とその支持者たちには、さらにもう一つの大きな特徴があります。反多文化、反ダイバーシティ、反異文化であるということです。オバマ大統領は多様性に対して包容力をもち、その多様性をひとつの力にまとめていくのがリーダーの役割としていましたが、トランプ氏は逆に多様性があるからアメリカ社会はおかしくなったというメッセージを暗示的に発信しています。彼が「アメリカを再び偉大な国にする」というとき、それは「アメリカを再び白人が優勢を保っていた偉大な国にする」という隠されたメッセージが含まれています。このメッセージは、オバマ政権という既存の政権に対する挑戦であると同時に、現代のグローバリゼーションに対する脅威でもあります。しかし、この排他性が受入れられ、強く支持される風が、いまアメリカに吹いているのです。

国際の関連記事

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

2017.6.1

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 井田 正道
トランプ大統領の発言は、独裁者の発言です

2017.5.10

トランプ大統領の発言は、独裁者の発言です

  • 明治大学 法学部 特任教授(2017年3月31日退任)
  • レペタ,ローレンス 
トランプ支持者たちに本当の救いはあるのか!?

2017.4.19

トランプ支持者たちに本当の救いはあるのか!?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 廣部 泉
「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

2017.3.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 根橋 玲子

Meiji.netとは

新着記事

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

2017.06.07

移民をスケープゴートにするトランプ政権に改革は期待できるか?

2017.06.01

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

2017.05.24

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.06.21

効果的な高齢者用補聴器を目指して、1/100秒の壁に挑む

4

2016.11.16

少年法適用年齢、引き下げて大丈夫ですか?

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム