明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

明治大学 国際日本学部 教授 蟹瀬 誠一

「野蛮な時代」からの変化は、やはりアメリカが握っている

 このような世界の政治状況を、フランスの政治学者のテレーズ・デルペシュは、「野蛮の時代」と言っています。各国が自国の利益優先に走っているということです。そもそも、世界はアナーキーなものです。統一した世界政府もなければ、統一したルールもありません。そういう無秩序に秩序を創ろうというのが、冷戦後のNew World Orderだったわけです。そこにトランプ政権が自国主義を打ち出したことで、再び世界は「新社会無秩序」の状況に陥ろうとしています。しかし、一方で歴史学者のアーサー・シュレジュニア・ジュニアは30年周期説を唱えていて、アメリカが保守的になったりリベラルな傾向になるのは、30年のリズムがあるというのです。現実に当てはめると、冷戦後の国際協調の20年と、トランプ政権のような自国主義が10年続くことになりますが、近年はITの進歩などにともなって、その周期が短くなっているとも言っています。来年、アメリカでは中間選挙があります。その結果によっては、早い時期にアメリカの政治の方向は変わるかもしれません。その影響は国際社会に及んでいくはずです。

国際の関連記事

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

2018.2.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 横田 貴之
「アメリカらしさ」に逆行する白人至上主義

2017.11.1

「アメリカらしさ」に逆行する白人至上主義

  • 明治大学 法学部 教授
  • 矢ケ崎 淳子
ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 菊地 端夫
フランス大統領選挙の結果、ポピュリズムは退けられたのか?

2017.8.2

フランス大統領選挙の結果、ポピュリズムは退けられたのか?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 髙山 裕二

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.02.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

2018.02.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2018.02.07

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

2018.01.31

「ジェネレーションフリーの社会」の発想が、 年金制度の行き詰まりも打開する

2018.01.24

炎上CMも流行現象のひとつ。そこから見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2018.02.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2

2018.02.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

3

2018.02.07

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

4

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム