明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

明治大学 国際日本学部 准教授 金 ゼンマ

2015年に大筋合意に達したTPP(環太平洋パートナーシップ)ですが、アメリカのトランプ大統領が離脱を表明し、暗礁に乗り上げています。トランプ大統領は国内経済のことだけを考えてTPPに反対しているようですが、TPPがもっているもっと大きな意図に目を向けて欲しいという指摘があります。

TPPの目的は自由貿易だけではない

金 ゼンマ いま、アメリカの新大統領であるトランプ氏は、非常に保守主義的な政策を行う意向を示しています。これに危機感を覚える人は多いと思います。それは、極端な保守主義が、20世紀に2つの世界大戦を引き起こす契機ともなった世界の保守的な経済外交を思い起こさせるからです。私たちは、この世界大戦の反省から、ガット(GATT)を定めたり、世界貿易機関(WTO)を設立し、貿易の自由化を促進してきました。その歴史を、トランプ大統領は押し戻そうとしているかのようです。あまりにも国内経済のことにしか目を向けていない視野の狭さを感じます。しかし、そうした保守主義では、もう国内経済を上向かせることはできないでしょう。例えば、サプライチェーンのグローバルな拡がりひとつをとっても、もう20世紀初期の状態に戻ることは不可能なのです。広い視野で歴史を考えてみれば、トランプ大統領が離脱を表明しているTPPも、その本当の意義が見えてきます。確かに、TPPについては日本でも様々な議論があります。その中には、TPPの自由貿易の側面のみを捉えている議論もあります。しかしTPPは、貿易の自由化を目的として関税の撤廃や削減などを目指すFTAとは異なる性格をもっています。その意義をアジアの歴史から見てみましょう。

国際の関連記事

フランス大統領選挙の結果、ポピュリズムは退けられたのか?

2017.8.2

フランス大統領選挙の結果、ポピュリズムは退けられたのか?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 髙山 裕二
“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

2017.6.1

“アメリカの危機感”がトランプを大統領にした

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 井田 正道
トランプ大統領の発言は、独裁者の発言です

2017.5.10

トランプ大統領の発言は、独裁者の発言です

  • 明治大学 法学部 特任教授(2017年3月31日退任)
  • レペタ,ローレンス 
トランプ支持者たちに本当の救いはあるのか!?

2017.4.19

トランプ支持者たちに本当の救いはあるのか!?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 廣部 泉

Meiji.netとは

新着記事

2017.08.09

多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

2017.08.02

フランス大統領選挙の結果、ポピュリズムは退けられたのか?

2017.07.26

「忖度する社会」、日本の特有性を理解することが重要

2017.07.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.07.12

農業では人自身がビッグデータ。その活用システム構築を目指す

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

4

2017.08.09

多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

5

2016.05.23

インバウンドとアウトバウンドが逆転した日本が、 観光立国へ向けて…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム