明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

移民の急激な受入れ、反民主主義体制のままではEUは瓦解の危機に直面する

明治大学 経営学部 教授  前学部長 安部 悦生

イギリスは移民受入れ策に失敗していた

 底流にこうした移民問題があったイギリスに、旧共産圏を含む10ヵ国がEUに加盟した2004年以降、東欧移民が急激に増えました。いまイギリスには、毎年30万人の移民が入って来ています。彼らは白人でキリスト教徒なので文化的摩擦は少ないでしょうが、今度はイギリス人の職が奪われるという問題が起きています。しかし、東欧からの移民が就く仕事は、もともとイギリス人が就きたがっていなかった仕事が中心なので、職の奪い合いは起きないという説があります。確かに、イギリスの失業率は5%と低く、経済的には完全雇用の状態だといわれています。ところが、実際には、いままで就いていた職を奪われた人もいるし、奪われなくても、低賃金などでも働く移民たちの影響で、労働条件が悪化している人もいます。私は2年に1度は渡英し、ケンブリッジ大学のカレッジに住むことが多いのですが、そこの部屋を掃除しに来ていたイギリス人の女性が、2005年からポーランド人に変わりました。ホテルのメイドさんがハンガリー人になっていたこともあります。私の実感でも、東欧系の移民たちがイギリス人に代わって職に就きはじめていることがわかります。

 ところが、2004年当時、移民の受け入れには7年間の猶予期間があったのです。にもかかわらず、時のブレア首相は労働力の増加を重視して、最初から受け入れを了解してしまいました。このとき、移民の受け入れを段階的に行っていれば、今日のようなブレグジット(BREXIT:イギリスのEU離脱問題)は起きなかったかもしれません。移民たちとの文化的摩擦や職を奪われることに起因する、一般の生活者の嫌悪や不満の感覚を理解しなかったことが、ブレグジットを招いた最大の要因であったことは間違いありません。

国際の関連記事

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

2017.11.8

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 蟹瀬 誠一
「アメリカらしさ」に逆行する白人至上主義

2017.11.1

「アメリカらしさ」に逆行する白人至上主義

  • 明治大学 法学部 教授
  • 矢ケ崎 淳子
ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 菊地 端夫
フランス大統領選挙の結果、ポピュリズムは退けられたのか?

2017.8.2

フランス大統領選挙の結果、ポピュリズムは退けられたのか?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 髙山 裕二

Meiji.netとは

新着記事

2018.01.17

スポーツで町を元気にするシナリオ ~ ソーシャル・イノベーション

2017.12.27

いま、地域活性化の目玉として変貌する公立図書館に注目したい

2017.12.20

人は信じたいものを信じるから、フェイクニュースに操られる

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

人気記事ランキング

1

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2

2017.11.08

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

3

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム