明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

日本にもエスノグラフィーの波が来る!?

明治大学 商学部 教授 藤田 結子

医療や福祉の分野での応用に期待

 今後は、医療や介護、育児などの分野でエスノグラフィーを応用して、患者さんやユーザーにとって、より良い治療や、医療器具、介護の道具、サービスが開発されることを期待しています。実は、医療人類学という分野があり、患者さんにとって苦痛や不便のない治療を開発する研究があります。しかし、患者さんは治療に苦痛や不便があるのは当たり前だと思っていて、医師や看護士さんに本音を言わなかったり、全快後に自宅でアンケートをしても、入院中のことはもう思いつかなかったりします。患者さんと同じ目線で、入院中の現場で調査するエスノグラフィーならば、患者さん自身も思い至ることができないソリューションや、本当のニーズを見出すことができるかもしれません。実際、アメリカではエスノグラフィーによってストーマ(人工肛門)が改善され、その利便性が飛躍的に向上した例があります。

 エスノグラフィーは、起きている事象を人の体験として捉えることです。それをしっかり理解することが、優れたエスノグラフィーのスキルにつながります。いま、産学協同によって貴重なフィールドワークの機会を得ている学生たちが、今後、エスノグラフィーによる社会貢献の新たな形を生み出してくれることを期待しています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

  • 国際連携機構 特任准教授
  • 横川 綾子
多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

2017.8.9

多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 小林 明
ノーベル賞の大隅先生のラボは自由と好奇心に溢れていた

2016.12.28

ノーベル賞の大隅先生のラボは自由と好奇心に溢れていた

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 吉本 光希
教員が多忙でも頑張れるのは、良いこと?

2016.12.7

教員が多忙でも頑張れるのは、良いこと?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 高野 和子
外部英語検定試験・導入の意味 ―世界で勝負できる人材を育成するために―

2015.3.1

外部英語検定試験・導入の意味 ―世界で勝負できる人材を育成するために―

  • 明治大学 国際日本学研究科長 国際日本学部 教授
  • 尾関 直子

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

3

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム