明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

国際連携機構 特任准教授 横川 綾子

英語教育には、国語教育との連携が必要

横川 綾子  英語教育は、国語教育と連携した言語教育として行っていくべきだと考えています。例えば、英語圏の国語教育では、Show and Tellといってプレゼンのように自分の好きなものを紹介したり、ディスカッションの中で自分の意見を即興でまとめて発言するという授業を定期的に行っています。それは、頭の中にあるものをわかりやすく伝えるという訓練です。こうした訓練を重ねることで、思考を的確に言語化する能力が培われるのです。日本は島国で、言語の背景にある文化の共有度が高いという歴史があったためか、話し手がすべてを語らず、聞き手のセンスや理解力に委ねるというコミュニケーションが発達しました。そのため、行間を汲み取る訓練、つまり読解力は国語の授業で重視されており、鍛えられますが、それに比べ、思考を言語化する訓練は軽視されていると感じます。その結果、母語でできないことが、英語でできるはずがないのです。しかし、英語の世界では「話し手責任、書き手責任」です。伝わらなければ、発信者の責任になります。ある大学では、「日本語表現法」という授業を1年生の必修にしています。レポートや論文の的確な書き方を教える授業ですが、こうした訓練が基礎となり、英語による表現力も高められていくと思います。その意味で、注目すべきプログラムです。しかし、諸外国ではこうした訓練が小学生から行われていることを考えれば、日本でも大学での対応以前に、早い時期から発信力養成を国語教育に取り入れることが必要だと考えます。母語で培った発信力を英語でさらに開花させていければ、言語教育として理想的です。

キャリア・教育の関連記事

スポーツで養うのは従順さ? 主体性?

2018.5.30

スポーツで養うのは従順さ? 主体性?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 高峰 修
多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

2017.8.9

多様な世界に飛び込み自分の殻を破るために、いまこそ留学

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 小林 明
ノーベル賞の大隅先生のラボは自由と好奇心に溢れていた

2016.12.28

ノーベル賞の大隅先生のラボは自由と好奇心に溢れていた

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 吉本 光希
教員が多忙でも頑張れるのは、良いこと?

2016.12.7

教員が多忙でも頑張れるのは、良いこと?

  • 明治大学 文学部 教授
  • 高野 和子
日本にもエスノグラフィーの波が来る!?

2016.4.21

日本にもエスノグラフィーの波が来る!?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 藤田 結子

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.07.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

2018.07.11

民主主義と軍事主義。果たして共存は可能か?

2018.07.04

手書き文字の味を活かした、きれいな自分だけの文字ができる

2018.06.27

人の心を理解できないロボットは、人に対して脅威となる!?

2018.06.20

あなたの理想顔のイメージを簡単に画像化できる

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

3

2018.07.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

4

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

5

2018.07.11

民主主義と軍事主義。果たして共存は可能か?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム