明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

アベノミクスと地方創生の中核企業 ―企業遺伝子経営のススメ―

明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科長 教授 吉村 孝司

100年企業までは“理念先行”?

 ――各社が思っている自社の遺伝子とは、何を指しているのでしょうか?

これらの企業に、企業遺伝子は「具体的に何ですか?」と聞いたところ、100年未満の日経225企業は、経営理念や企業理念、社風、フィロソフィー、経営哲学といった抽象的なものが多かったのに対し、100年企業になってくると精神、スピリッツ、社是社訓、創業者の言葉、それから”○○人”、まさに自社を人格にたとえているようです。さらに、理念的・象徴的なものになっていくのですね。そして、老舗企業の場合も、ますます理念的なものになって行くかと思いきや、そうでもないのです。老舗ほど、自社商品そのものと答えてくれました。例えば、灘の酒造なら「酒」、味噌屋さんからも「味噌」という回答をいただきました。まるで酵母のDNAが企業遺伝子そのものというように。また、ここでも「創業者の言葉」というのはありましたが、目立ったのは「創業の地」という回答でした。明治大学でいえば神田駿河台みたいに”白雲なびく・・・”というイメージでしょうか(笑)。とにかく老舗企業ほど、理念より明確に具体化されたものをドンと打ち出してくるといった印象です。

ビジネスの関連記事

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正
ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

2017.4.12

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

  • 明治大学 商学部 教授
  • 出見世 信之
スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 釜崎 太
タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム