明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科長 教授 青井 倫一

農業の成長が地域経済活性化の起爆剤になる

 ファミリービジネスの観点から私が注目しているのが、安倍政権において成長分野と目される農業だ。日本の農家の多くは家族経営であり、農業もまたファミリービジネスベースの企業といえる。まず、日本の農業を考えてみた場合、国内市場は成熟しており、少子化に伴い、今後伸びていくとは考えにくい。そうであれば海外に市場を求めていく必要があるだろう。その場合、農産物の輸出に加えて、日本の高度なノウハウを輸出することを考えるべきだ。高品質の農産物を作れる日本の農業のノウハウ・技術は、多くの国が求めている。先進国を中心に、海外では日本食ブームが続いており、この傾向を日本の農業(企業)成長の起爆剤として活用できればと考えている。
そのためには、従来の農協が農家から買い上げる仕組みを打破し、それぞれの農家が少量多種の付加価値の高い農産物(果実、葉物野菜等々)を国内・海外マーケットのニーズに合わせて供給していく仕組みが求められる。そうしたことを指向する、40~50代の若手農業経営者も現れてきており、農業が「儲かるビジネス」へ、そして「楽しいビジネス」へ進化していく可能性は大いにある。農業に注目するのは、商工業などと違って、「動けないビジネス」だからである。農業は地域から離れることはできないことから、農業の成長発展は地域経済の活性化に大きく貢献するのである。

ビジネスの関連記事

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正
ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

2017.4.12

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

  • 明治大学 商学部 教授
  • 出見世 信之
スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 釜崎 太
タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2017.12.16

新聞広告連動企画「明治大学のロゴマークが、ハートマークに見えた…

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム