明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ファミリービジネスが地域経済を立て直す ―日本全体にダイナミズムを復権する―

明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科長 教授 青井 倫一

注目される血縁・地縁をベースにした経営体系

青井倫一教授 従来、企業経営においては米国流の市場ベースの経営が主流であり、ビジネススクールのカリキュラムにおいても同様であった。市場ベースの経営の大前提は資本市場に参加することであり、その上で株主資本利益率であるROEを高める、すなわち成長率を向上させ利益率を維持していくというものである。しかし、リーマンショック以降、ロバストネス(頑健性)に重きをおいたファミリービジネスという経営体系への関心が高まりつつある。ファミリービジネスとは、資本市場に重きを置かず、血縁・地縁をベースにした経営体系で、その多くは地域に根付いた中堅中小企業だ。「老舗」と称される企業も、ファミリービジネスが多い。
世界的にみて、経済・社会の基盤を支えているのがファミリービジネスである。ファミリーによって所有・経営されている企業は、世界の企業数の約70%を占めると言われている。ファミリービジネスが注目を集めたのは、ドイツの経営学者ハーマン・サイモンが1990年代に体系的な調査を行い、「hidden champions=隠れたチャンピオン」と呼ぶべき企業が多数ドイツ国内に存在していることを明らかにしたことによる。「隠れたチャンピオン」の多くは、中堅中小企業であり、同族経営、未上場、地方に基盤を持ち、社歴が長いことなどを指摘している。これはドイツのみならず、世界の先進国で同様のことが見出せるとしている。

ビジネスの関連記事

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正
ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

2017.4.12

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

  • 明治大学 商学部 教授
  • 出見世 信之
スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 釜崎 太
タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀

Meiji.netとは

新着記事

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

2017.11.08

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

2017.11.01

「アメリカらしさ」に逆行する白人至上主義

2017.10.25

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

人気記事ランキング

1

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

2

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

5

2017.11.08

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム