明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

モノ言う株主の台頭 ―会社法改正で変わる企業統治―

明治大学 法科大学院長 教授 河内 隆史

米国スタンダードとモノ言う株主

河内隆史教授 私は会社法、金融商品取引法、商品先物取引法などを研究分野としているが、今まさに国会で会社法改正法案が審議中であり、今回の法改正が意味することについて考察してみたい。
日本では従来、商法や有限会社法、監査特例法等の総称として会社法が用いられてきており、単一法典は存在しなかった。2005年にそれらを統合、再編成する法律として「会社法」が制定され、翌年施行された。今回の改正はおよそ10年ぶりということになるが、その背景には日本企業の国際化の進展がある。国際化に伴い、ファンドなど外国人株主の割合も増えてきている。
そこで要求されるのは、単に業績の向上に留まらず、コンプライアンスやガバナンスの実効性の確保である。たとえば、それは昨今の株主総会からもうかがわれることだ。かつて株主総会は“シャンシャン総会”と揶揄されたように、特に質疑応答もなく短時間で終了するのが定番だった。しかし現在は“モノ言う株主”が登場することも少なくなく、株主は発言力を強めつつある。また、株主総会は、環境問題など社会の声を訴える場としても機能し始めている。
日本企業の国際化とは、別の視点に立ってみると、米国でスタンダード化される企業経営のあり方を持ち込むことでもある。たとえば、日本の企業は従来、配当性向は高くなかった。利益は設備投資や内部留保に振り分けられることが多く、株主へ利益還元(配当)するという考えは希薄だった、しかし米国の株主は元来配当を求める傾向が強い。ファンドなどの外国人投資家を株主に持つ企業などでは、利益還元が要求されることが多くなりつつある。国際化がもたらした、変化の一つであろう。

ビジネスの関連記事

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正
ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

2017.4.12

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

  • 明治大学 商学部 教授
  • 出見世 信之
スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 釜崎 太
タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2017.12.16

新聞広告連動企画「明治大学のロゴマークが、ハートマークに見えた…

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

4

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

5

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム