明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

2020年のオリンピック開催地に東京が決定した。日本にとって久々に明るい話題といえる。前回の1964年の「東京五輪」がそうだったように、2020年の「東京五輪」は、東京のみならず日本にとってエポックメーキングになるイベントと筆者は考えている。「東京五輪」が、東京および日本に何をもたらすのか。都市政策、国土計画の立場から検証したい。

明るい未来を夢見た1964年の「東京五輪」

市川宏雄教授 1964年、日本で初めてのオリンピックである「東京五輪」が開催された。当時、筆者は高校生だったが、東京が大きく変わっていくことを目の当たりにした。開催決定が1959年、5年後の開催に向けて、東京は劇的に変わっていった。高速道路や新幹線に象徴される社会基盤整備が急速に進み、本格的なモータリーゼーションの時代が到来し、高度経済成長が加速した。戦後、日本人の心が初めて燃えた時期といっていい。国際イベントを迎えることで、都市と人は変わるのである。この「東京五輪」では、多くの国民が夢を持って明るい未来を描いた。その後、時代は様々な変遷を辿ってバブル経済の繁栄と崩壊に至る。90年代の日本は長引く不況など、明るい話題はほとんどなかった。21世紀になって10年、それでもなんとか明るいきざしが見え始めた時期に、今度は2011年3月に東日本大震災が日本に深刻な打撃を与えた。その復興の過程で、日本が浮上しなければならないという切迫感は、多くの国民が共有している想いだろう。かつてバブル崩壊後の経済再生のために、政府は都市から国力を回復する政策として、2002年に「都市再生特別措置法」を制定し、都市の経済を刺激する政策を打ち出した。これが功を奏し、日本全体が人口減少する中で、東京だけが抜け出ていち早く復活したのである。それが格差社会を生んだという指摘もあるが、国力の回復に都市が果たす役割は極めて大きい。しかしながら、その東京にあっても、実は世界の都市の国際競争においては苦戦を強いられている。

ビジネスの関連記事

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.4.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 首藤 明敏
正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

2018.4.11

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

  • 明治大学 法学部 教授
  • 小西 康之
働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2018.2.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 永野 仁
ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.09.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

2018.09.05

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

2018.08.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.08.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム