明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

国民皆簿記のすすめ ―社会に役立つ会計の考え方―

明治大学 農学部食料環境政策学科 専任講師 本所 靖博

会計は「説明する」ことを含有している

本所靖博専任講師 私の専門は会計学です。経済とはそもそも、人々の生活に必要なものをやり取りする活動を通じて形成される社会関係ですが、会計はその経済活動をわかりやすく伝えるツールでありルール、と考えています。私が専門としているのは財務会計と管理会計から成る企業会計であり、主に「財務会計」を扱っています。財務会計は、企業外部の利害関係者に、企業の財政状態や経営成績などに関する情報を提供するもので、それらは、損益計算書と貸借対照表を中心とする財務諸表によって行われます。経済環境の変化に応じて財務諸表の正しいあるべき姿を追求するのが、企業会計を対象とする会計学の基本的なテーマです。財務諸表は、市場経済において経済活動を円滑にするために不可欠のものであり、そのためにも企業の経済活動を誰が見ても理解できる世界共通のフォーマットで表現されることが望ましいです。周知のように会計は英語でaccount(accounting)と言いますが、動詞で使うと前置詞forを伴い、「説明する」や「わかる」という意味になります。つまり会計とは、誰かに向かって(for)説明することであり、理解を求めるという意味を含有しているのです。その誰かとは投資家をはじめとした利害関係者なのです。

ビジネスの関連記事

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正
ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

2017.4.12

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

  • 明治大学 商学部 教授
  • 出見世 信之
スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 釜崎 太
タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2017.12.16

新聞広告連動企画「明治大学のロゴマークが、ハートマークに見えた…

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム