明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

正規・非正規の格差是正と「同一労働同一賃金」

明治大学 法学部 教授 小西 康之

最近、有期雇用の人たちが、無期雇用の人たちとの労働条件の格差の是正を求める裁判がマスコミなどでも大きく取上げられています。政府も、働き方改革関連法案を重要な政策と位置づけています。

労契法20条は有期と無期の労働条件の相違を解消する法律ではない

小西 康之 2013年に施行された労働契約法20条により、有期契約で働いている人と、正社員など無期契約で働いている人との間で、 期間の定めがあることを理由に、労働条件に不合理な差をつけることは禁じる、と定められました。この条文が設けられたことで、格差是正を訴えて訴訟を起こす有期雇用の人も出てきました。すでに、いくつかの事件では地方裁判所や高等裁判所で裁判例が出ています。ところが、ある事件では原告の訴えが一部認められたり、別の事件では原告の訴えがほとんど棄却されたり、また、一審と二審でまったく逆の結論となるケースもあります。なぜなのか。実は、この労契法20条は、有期雇用と無期雇用の労働条件に違いを設けることを禁じているわけではなく、あくまでも、「不合理な差」をつけることを禁じているのです。そのため、有期雇用と無期雇用で労働条件に差があっても、裁判では、それが不合理なものなのかどうかが問題になるわけです。ところが、不合理かどうかを予測するのは簡単ではありません。実際の事件を例に、裁判例の違いを見てみましょう。

ビジネスの関連記事

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.4.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 首藤 明敏
働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2018.2.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 永野 仁
ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正
ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

2017.4.12

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

  • 明治大学 商学部 教授
  • 出見世 信之

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.08.22

宇宙開発に貢献した「折紙」は人間の未来も救う!?

2018.08.08

紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

2018.08.01

「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

2018.07.25

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

2018.07.18

気候変動に関する日本の優れた農業技術が世界を救う!?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2018.08.08

紙幣を持ち歩くのは時代遅れ!?

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム