明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授 橋本 雅隆

社会的共通価値を実現するロジスティクス

 これからの社会では、限られた資源をうまく活用して社会共通の問題を解決するようなビジネスが求められてくるでしょう。これをCreating Shared Value(CSV)といいます。CSVを実現するためには、その地域社会で活用可能な能力、人材、スペース、時間を経営資源として臨機応変に組み合わせ、仕組み化する新しいイノベーションを起こさなければなりません。もともとロジスティクスはある目的に対する準備の体系という意味があります。これからの社会では、人材もエネルギー資源も物理的な資源も大切にし、自然環境とも調和しつつ、できる限り長く、効率よく、高いレベルで活用し続ける必要があります。高齢化社会のなかで、世界的にもレベルの高い宅配サービスもますます重要な役割を担うことになるでしょう。このような利便性の高い社会を末永く維持するために、私達は、サービスの提供者と受益者、消費者と働き手の分断構造を克服し、地域社会をささえ続けられる「生活者」として、どのような役割を担い、どのような姿であり続けるのかを考え直す時期に来ているのではないでしょうか。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

ビジネスの関連記事

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

2017.5.17

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 森下 正
ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

2017.4.12

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

  • 明治大学 商学部 教授
  • 出見世 信之
スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 釜崎 太
タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀
「東芝の不正会計」からガバナンスを再考する

2016.3.25

「東芝の不正会計」からガバナンスを再考する

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 小俣 光文

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2017.12.16

新聞広告連動企画「明治大学のロゴマークが、ハートマークに見えた…

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム