明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

明治大学 政治経済学部 教授 森下 正

目に見えにくい経営資源こそ明確に認識するべき

森下 正 地方の企業を訪問させていただいていると、こうしたブランド力を開発し、企業力を高める会社がある一方で、自己認識・革新力が不足していると感じる企業も多くあります。自己認識・革新力とは、マスコミや通説に惑わされることなく、自分自身の存在価値をしっかり認識し、これを時流に合わせて改革できる能力です。例えば、企業経営では、設備や資金などの物的資源や、人材などの人的資源に目が行きがちですが、自社内で開発、蓄積されてきた様々なノウハウなどの経営資源を明確に把握し、それを時流に合わせて活かせるように発想することです。目に見えにくい経営資源にこそ、自分たちの存在価値があり、自分たちの強みであったリ弱みがあります。それをしっかり捉えていれば、社会の動きに正しく対応する取組みができるはずです。その認識ができていないために、思いつきの製品開発や、サービス開発になってしまうことが往々にしてあります。同じように、その地域独自の地域資源をしっかり認識することも重要です。例えば、北海道の広大な農地は、それだけで都会の人にとっては癒やしの光景です。その認識があれば、そこから巨大な田んぼアートや畑アートを発想することができ、そのスケールの大きさは、他の地域にはない観光資源として高い価値をもちます。こうした地域資源の把握ができないと、無い物ねだりをしたり、ブームに乗っただけの町おこしなどをしてしまいがちです。こうした自己認識力を磨くためには、コンサルタントなど第三者の目を利用することも有効であろうと思います。

ビジネスの関連記事

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

2017.7.19

ロジスティクスの視点で考える「物流危機は新ビジネスのチャンス」

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任教授
  • 橋本 雅隆
ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

2017.4.12

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

  • 明治大学 商学部 教授
  • 出見世 信之
スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 釜崎 太
タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

2016.7.8

タックス・ヘイブンの情報秘匿の殻を破ったパナマ文書

  • 明治大学 専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 下村 英紀
「東芝の不正会計」からガバナンスを再考する

2016.3.25

「東芝の不正会計」からガバナンスを再考する

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 小俣 光文

Meiji.netとは

新着記事

2017.12.13

高級熟成肉を身近なものにする!? 産学共同開発の「発酵熟成肉」

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

2017.11.29

あなたのスマホは、あなたの情報を収集するスパイ!?

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム