明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.16

パウル・ツェランから越境文学の深淵へ

 ゲーテを研究するために留学したドイツで、ユダヤ系詩人パウル・ツェランを知った。ツェランに惹かれたのは、非常に難解で痛々しく、読者を拒んでいるような詩であるが、その壁を越えた後に驚くほど豊穣で繊細な世界が広がるからだ。そこには読み解く喜びがあった。ツェランを深く知るため、彼の足跡のある12カ国60都市を訪れた。存命していた友人、知人にインタビューもした。その成果が『パウル・ツェランへの旅』となった。2冊目はツェランの人生そのものを辿り、3冊目の『パウル・ツェランとユダヤの傷』では、詩に織り込まれた膨大な引用を読み解くことで、「ユダヤ精神」というものに迫ることができた。しかしツェランの世界をさらに理解するためには、彼の詩の世界を形成しているドイツ・ユダヤ文学、更に、越境文学にまで視野を広げていかなければならない。今後はその宇宙のように広い世界に挑んでいくつもりである。(談)

掲載内容は2011年9月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.02.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

2018.02.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2018.02.07

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

2018.01.31

「ジェネレーションフリーの社会」の発想が、 年金制度の行き詰まりも打開する

2018.01.24

炎上CMも流行現象のひとつ。そこから見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2018.02.14

働く高齢者の満足度を上げるための秘策あり

2

2018.02.07

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

3

2018.02.21

「イスラームは危ない!!」を考えてみよう

4

2017.10.11

体内時計を狂わすような生活は、人類を滅ぼす!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム