明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

明治大学の教養 Vol.3

ラテンアメリカとアフリカに魅せられて

 ガルシア=マルケスの『百年の孤独』を大学時代に読んだのがきっかけで、ラテンアメリカに興味を持った。実際にラテンアメリカを訪れてみると、人間、文化、歴史、全てに強い衝撃を受け、文学より広い領域の分野を探求したいと思うようになる。特にブラジルでは、アフリカ系の黒人たちの大らかで人間性豊かな関係に出会って人生観が一変し、彼らの文化に深く魅せられた。以来、アフリカにも足を伸ばし、ラテンアメリカとアフリカの往復を続けることになる。そしてブラジルとアフリカの黒人の人間関係、社会が互いに大きく違うことに気づいた。やがて奴隷として世界中に散っていった黒人たちの文化、社会が、各地域でどのように変わっていったのか知りたくなり、いまではライフワークのようになった。その中で、まだ知られていないラテンアメリカの黒人文学を発掘し、紹介し続けたいと思っている。(談)

掲載内容は2010年8月時点の情報です。

雑誌『ユリイカ』掲載「明治大学の教養」の関連記事

明治大学の教養 Vol.25

2012.6.1

明治大学の教養 Vol.25

  • 明治大学 理工学部総合文化教室教授
  • 清岡 智比古
明治大学の教養 Vol.24

2012.5.1

明治大学の教養 Vol.24

  • 明治大学 国際日本学部准教授
  • 森川 嘉一郎
明治大学の教養 Vol.23

2012.4.1

明治大学の教養 Vol.23

  • 明治大学 経営学部教授
  • 戸村 佳代
明治大学の教養 Vol.22

2012.3.1

明治大学の教養 Vol.22

  • 明治大学 文学部教授
  • 杉山 利恵子
明治大学の教養 Vol.21

2012.2.1

明治大学の教養 Vol.21

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 小畑 精和

Meiji.netとは

新着記事

2017.11.22

AIと共生できない人は生き残れない!?

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

2017.11.08

暴走するのは核を保有した北朝鮮か? トランプか?

2017.11.01

「アメリカらしさ」に逆行する白人至上主義

2017.10.25

腸内フローラを活用すれば、人はもっと強く美しくなる

人気記事ランキング

1

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

2

2017.11.15

TOEFL スピーキングスコアがアジア最下位の日本は、変われるか?

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2013.09.01

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム