明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

新聞広告連動企画「視点を変えてみれば、世の中もっと違うものが見えてくる」

  • Meiji.net編集部

明治大学 朝日新聞広告

めいじろうのかくれんぼ

明治大学公式キャラクター「めいじろう」
明治大学公式キャラクター「めいじろう」
 上の新聞広告をご覧になった読者の方は、広告を手にもって、目の前でくるくる回してみたり、揺らしてみたりしてください。図形の中に何かが見えてきませんか?

なんと図形の中に、明治大学公式キャラクター「めいじろう」が現れます。これは、図形を動かすことによって、その方向に明るさが平均化された図形が見えてくるためです。同じ理由から、この図形を目から遠くに離しても(その場合は、くるくる回す必要はありません)、やはりめいじろうが見えてきます。手元に新聞がない方も、PCから離れたり、スマホを揺らして見てみてください。

めいじろうの視線の先には何がある?

実は上の広告には、もう一つ秘密があるんです。左下の文章をよく見てください。不自然に短い行があったり、長い行があったりすると思いませんか…?

文字通りめいじろうの視線の先、やじるしに沿って文章の最初の文字を縦読みすると……。

もう分かりましたね。そうです。「先 端 数 理 科 学 の 明 治」という言葉が浮かび上がってくるんです。私たちは常識や今までの経験から、何の疑いもなく、文章を左から右に読んでしまいます。しかし、少し視点を変えて、世の中の常識や目の前のことを疑ってみることが、新しい発見につながるかもしれません。

目の前の常識が覆る!? 計算錯覚学の世界

めいじろうのダイエット
めいじろうのダイエット
 今回の図形を制作した、明治大学 先端数理科学インスティテュート副所長 杉原 厚吉 特任教授は数学を使って目の錯覚の仕組みを調べる研究を行っています。

上面にめいじろうのイラストが描かれた2つの箱があります。左の箱に描かれためいじろうは、右の箱に描かれためいじろうよりやせて見えます。しかし、この二つのめいじろうは、2次元図形として全く同じもので、重ねるとぴったり合います。

実は、めいじろうだけでなく、二つの箱の上面の平行四辺形自身も、2次元図形として全く同じもので、重ねるとぴったり合います。同じものなのに違って見えるのは、これらの図形が厚みのある箱の上面として描かれているために、私たちの脳が奥行方向の大きさを補正して解釈するためです。この現象は、シェパード錯視と呼ばれています。

「めいじろうのダイエット」印刷用データは >>こちらから ダウンロードできます。ダウンロードしたら紙に印刷し、めいじろうが載っている上面(上記画面の白地になっている四角部分)を切り抜いてみてください。不思議なことに、重ねるとぴったり同じになります。ぜひ一度お試しください。

このような錯覚は、平面だけでなく、立体でも数学の力を使い、表現することが可能です。杉原研究室では、「不可能モーション立体」の研究、制作も行っています。立体自体はありふれた形ですが、そこに動きを加えるとありえないことが起こっているという印象を作り出す立体が「不可能モーション立体」です。棒がありえない向きに窓や隙間を貫通したり、玉がありえない方向へ転がっていったりします。

Meiji.netでは、以前にも計算錯覚学を取り上げ、杉原先生にインタビューを行っています。
>>動画でわかる!「計算錯覚学」 ―だまし絵が立体に!?生活の中にも潜む不可能立体の世界と錯覚の不思議―

驚きや面白さのインパクトから取り上げられることの多い錯覚の世界ですが、実は社会の様々なシーンで数多く活用されているんです。「数学」や「研究」というと、言葉のイメージから難しく捉えがちですが、普段の私たち生活とも関わりが深いと知ると、少し身近な存在に感じることができませんか?

AD Informationの関連記事

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年5月22日
情報コミュニケーション学部は,富山県中新川郡立山町と教育事業に係る連携・協力に関する協定を締結しました
2017年5月19日
セーデルトーン大学(スウェーデン)から交流ミッションが来学しました
2017年5月18日
【経営学部】デュアルディグリー・プログラムによる学生派遣の開始について
2017年5月16日
本学が、ジャパン・ハウス サンパウロ(ブラジル)にマンガ本を寄贈
2017年5月16日
ブラジル日本商工会議所との連携・協力に関する覚書署名式を行いました
2017年5月16日
ニューヨークとブラジルにて、学長・副学長と紫紺会会員との交流会を開催しました
2017年5月16日
【高校教員対象】2017年度明治大学説明会参加申し込みについて
2017年5月24日
明治大学大学院 商学研究科 第13回学術セミナー「私立大学の公共性とガバナンス・会計・財政分析を考える」6月17日(土)、駿河台キャンパスで開催
2017年5月22日
明治大学震災復興支援センター、岩手県大船渡市と震災復興に関する協定の更新。5月30日(火)駿河台キャンパスで協定締結式実施
2017年5月19日
土屋恵一郎学長らがアントニオ・グテーレス国連事務総長を表敬訪問。難民を対象とする入学試験など明治大学の取り組みを報告
2017年5月18日
総合数理学部 渡邊恵太准教授が開発。IoTモーター『Webmo』脳活動計測装置に対応、脳の活動に基づきモーター制御を実現。BCI/BMI研究スターターキットを販売開始
2017年5月15日
第三回 日中雇用・労使関係シンポジウム ——非正規時代の労働問題—— 5月20・21日(土・日)駿河台キャンパスで開催
2017年5月11日
大学院を知ろう!大学院のオープンキャンパス「合同進学相談会」、5月27日(土)駿河台キャンパスで開催
2017年5月09日
災害時、あなたにできることを見つけよう!「allなかの防災ボランティア体験デー」 5月18日(木)、明治大学及び帝京平成大学中野キャンパスで開催
2017年5月24日
教育新聞(5月22日)/内藤朝雄准教授(文学部)による連載「学校の『あたりまえ』を考え直す(7) 日本の全体主義的な教育」が掲載されました
2017年5月24日
読売新聞(5月19日朝刊)/「論点スペシャル 『こども保険』どう考える」に、田中秀明教授(ガバナンス研究科)へのインタビュー記事が掲載されました
2017年5月24日
教育新聞(5月18日)/内藤朝雄准教授(文学部)による連載「学校の『あたりまえ』を考え直す(6) 全体主義は素直さ気にする」が掲載されました
2017年5月24日
地方行政(5月15日号)/山下茂教授(ガバナンス研究科)による記事「道州制論議拾遺(その5)」が掲載されました
2017年5月23日
ワールドビジネスサテライト(5月22日放送・テレビ東京系列)/「トレンドたまご」のコーナーで、加藤邦拓さん(先端数理科学研究科博士後期課程3年)が開発した「2次元のタッチ操作が可能な3Dオブジェクト」が紹介されました
2017年5月23日
日本経済新聞(5月22日朝刊)/「Women & Work」で、「女性のためのスマートキャリアプログラム」が紹介されました
2017年5月22日
福島民報(5月21日)/福島県郡山市で行われた清原聖子准教授(情報コミュニケーション学部)による講演「トランプ大統領と日本」の様子が紹介されました
2017年5月18日
コトバとカラダ~文芸の視覚化~
2017年5月18日
国際交流基金事業特別講演「Streetscape+Activities in Japan」開催のお知らせ
2017年5月18日
国際交流基金事業特別講演「Urban Code:Bangkok」開催のお知らせ
2017年5月17日
明治大学中央図書館の日本中世文学関係典籍 —毛利家旧蔵の歌書・連歌書を中心に—
2017年5月16日
国際日本学研究科 進学相談会(6/17)開催のお知らせ
2017年5月10日
【大学院 商学研究科】第13回学術セミナー「私立大学の公共性とガバナンス・会計・財政分析を考える」(6/17)を開催します
2017年5月10日
特別講義「新しい文学と新しそうな文学」(講師:諏訪哲史氏)開催

Meiji.netとは

新着記事

原発を不要にした社会から、さらに永続可能な社会へ

#5 日本のファッションの常識は世界の非常識?

#4 プラスワン・アイテムの効果とは?

地方企業は、自己認識・革新力を磨くことで躍進する

#3 自分を印象づけるシグネチャーとは?

人気記事ランキング

1

#5 日本のファッションの常識は世界の非常識?

中野 香織

2

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

加藤 久和

3

#4 プラスワン・アイテムの効果とは?

中野 香織

4

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

安藏 伸治

5

#3 自分を印象づけるシグネチャーとは?

中野 香織

Meiji.net注目キーワード

明治大学