明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

新聞広告連動企画「視点を変えてみれば、世の中もっと違うものが見えてくる」

  • Meiji.net編集部

明治大学 朝日新聞広告

めいじろうのかくれんぼ

明治大学公式キャラクター「めいじろう」
明治大学公式キャラクター「めいじろう」
 上の新聞広告をご覧になった読者の方は、広告を手にもって、目の前でくるくる回してみたり、揺らしてみたりしてください。図形の中に何かが見えてきませんか?

なんと図形の中に、明治大学公式キャラクター「めいじろう」が現れます。これは、図形を動かすことによって、その方向に明るさが平均化された図形が見えてくるためです。同じ理由から、この図形を目から遠くに離しても(その場合は、くるくる回す必要はありません)、やはりめいじろうが見えてきます。手元に新聞がない方も、PCから離れたり、スマホを揺らして見てみてください。

めいじろうの視線の先には何がある?

実は上の広告には、もう一つ秘密があるんです。左下の文章をよく見てください。不自然に短い行があったり、長い行があったりすると思いませんか…?

文字通りめいじろうの視線の先、やじるしに沿って文章の最初の文字を縦読みすると……。

もう分かりましたね。そうです。「先 端 数 理 科 学 の 明 治」という言葉が浮かび上がってくるんです。私たちは常識や今までの経験から、何の疑いもなく、文章を左から右に読んでしまいます。しかし、少し視点を変えて、世の中の常識や目の前のことを疑ってみることが、新しい発見につながるかもしれません。

目の前の常識が覆る!? 計算錯覚学の世界

めいじろうのダイエット
めいじろうのダイエット
 今回の図形を制作した、明治大学 先端数理科学インスティテュート副所長 杉原 厚吉 特任教授は数学を使って目の錯覚の仕組みを調べる研究を行っています。

上面にめいじろうのイラストが描かれた2つの箱があります。左の箱に描かれためいじろうは、右の箱に描かれためいじろうよりやせて見えます。しかし、この二つのめいじろうは、2次元図形として全く同じもので、重ねるとぴったり合います。

実は、めいじろうだけでなく、二つの箱の上面の平行四辺形自身も、2次元図形として全く同じもので、重ねるとぴったり合います。同じものなのに違って見えるのは、これらの図形が厚みのある箱の上面として描かれているために、私たちの脳が奥行方向の大きさを補正して解釈するためです。この現象は、シェパード錯視と呼ばれています。

「めいじろうのダイエット」印刷用データは >>こちらから ダウンロードできます。ダウンロードしたら紙に印刷し、めいじろうが載っている上面(上記画面の白地になっている四角部分)を切り抜いてみてください。不思議なことに、重ねるとぴったり同じになります。ぜひ一度お試しください。

このような錯覚は、平面だけでなく、立体でも数学の力を使い、表現することが可能です。杉原研究室では、「不可能モーション立体」の研究、制作も行っています。立体自体はありふれた形ですが、そこに動きを加えるとありえないことが起こっているという印象を作り出す立体が「不可能モーション立体」です。棒がありえない向きに窓や隙間を貫通したり、玉がありえない方向へ転がっていったりします。

Meiji.netでは、以前にも計算錯覚学を取り上げ、杉原先生にインタビューを行っています。
>>動画でわかる!「計算錯覚学」 ―だまし絵が立体に!?生活の中にも潜む不可能立体の世界と錯覚の不思議―

驚きや面白さのインパクトから取り上げられることの多い錯覚の世界ですが、実は社会の様々なシーンで数多く活用されているんです。「数学」や「研究」というと、言葉のイメージから難しく捉えがちですが、普段の私たち生活とも関わりが深いと知ると、少し身近な存在に感じることができませんか?

AD Informationの関連記事

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年4月24日
【論文募集】2017年度明治大学法科大学院専門法曹養成機関 学術奨励賞の募集について
2017年4月20日
2016年度 震災復興支援ボランティア活動に伴う助成金利用者数報告
2017年4月14日
熊本地震から1年を迎えて
2017年4月13日
明治大学×C&R社「オープンイノベーションプロデュース事業」に関する共同会見を実施しました
2017年4月10日
海外渡航時の安全確保について(2017年4月24日更新)
2017年4月10日
アジア工科大学院(タイ)と協力協定を締結
2017年4月07日
2017年度入学式を挙行しました
2017年4月24日
5.18国際博物館の日記念 特別展示「ホンモノの偽札を見てみよう」4月26日~6月3日 平和教育登戸研究所資料館で開催
2017年4月17日
明大発の新たな技術がアスパラガス栽培の 普及を推進! ~「採りっきり栽培Ⓡ」普及に伴う地域農業との連携~
2017年4月17日
明治大学島嶼文化研究所設立記念フォーラム「国際社会の中の沖縄奄美」4月29日(土)、駿河台キャンパスで開催
2017年4月13日
明治大学現代中国研究所出版記念シンポジウム『現代中国と市民社会-普遍的《近代》の可能性』4月22日(土)駿河台キャンパスで開催
2017年4月06日
新歓時期に起こりがちな飲酒事故防止を“マンガ”で解説「明大SNSスタイル」第3弾を公開~明大を舞台にした物語でよりわかりやすく~
2017年4月05日
学校法人明治大学 格付投資情報センター(R&I)から「AA(新規)」の格付を取得 ~学校法人としては最上位の評価~
2017年3月24日
国際武器移転史研究所研究叢書2 榎本珠良編『国際政治史における軍縮と軍備管理』2017年3月刊行
2017年4月21日
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞など(4月21日朝刊)/「国と地方のあり方」をテーマに衆院憲法審査会が行った参考人質疑についての記事に、参考人として出席した大津浩教授(法学部)による意見が掲載されました
2017年4月21日
日本経済新聞(4月21日朝刊)/「かがくアゴラ」に、福原美三学長特任補佐による記事「大学ネット授業 日本人少なく」が掲載されました
2017年4月21日
中日新聞(4月20日朝刊)/関西電力美浜原発1,2号機等の廃炉認可についての記事に、勝田忠広准教授(法学部)のコメントが掲載されました
2017年4月21日
日本農業新聞(4月20日朝刊)/高校生の農村体験を受け入れる「信州せいしゅん村」についての記事に、小田切徳美教授(農学部)のコメントが掲載されました
2017年4月21日
毎日新聞(4月19日朝刊)/高齢者らの住宅確保などに関する改正法についての記事に、園田眞理子教授(理工学部)のコメントが掲載されました
2017年4月21日
モーニングCROSS(TOKYO MX・4月19日放送)/野田稔教授(グローバル・ビジネス研究科)がゲスト出演しました
2017年4月21日
新・情報7daysニュースキャスター(TBS系列・4月15日放送)/齋藤孝教授(文学部)がゲスト出演しました
2017年4月17日
「国際博物館の日」 記念事業 展示のお知らせ
2017年4月11日
【中野キャンパス】「allなかの防災ボランティア体験デー」について(5/18)
2017年4月11日
KAKEHASHI Project学内報告会開催(4月26日)
2017年4月11日
【島嶼文化研究所】が4月29日(土)に設立記念フォーラムを開催します。
2017年4月10日
【本学共催】2017年5月 今年も明治大学で「欧州留学フェア」が開催されます
2017年4月07日
【大学院】大学院合同進学相談会の開催について
2017年2月20日
【株式会社明大サポート寄付講座】「長期投資の時代 ~金融制度改革の行方~」

Meiji.netとは

新着記事

動画でわかる!「折紙工学」 ―折紙の構造を使って防振器を研究―

トランプ支持者たちに本当の救いはあるのか!?

ブラック企業は、人を人間と見ていないことがわかっていない

「人生にはいくつもの初心がある」 ~世阿弥の言う本当の意味とは~

#4 特定商取引法の対象外には消費者契約法を適用

人気記事ランキング

1

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

加藤 久和

2

少子化問題を斬る ―原因は、未婚化・晩婚化・晩産化にあり―

安藏 伸治

3

トランプ支持者たちに本当の救いはあるのか!?

廣部 泉

4

日本のものづくりの強みと弱み

富野 貴弘

5

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

塚原 康博

Meiji.net注目キーワード

明治大学