明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

新聞広告連動企画「視点を変えてみれば、世の中もっと違うものが見えてくる」

  • Meiji.net編集部

明治大学 朝日新聞広告

めいじろうのかくれんぼ

明治大学公式キャラクター「めいじろう」
明治大学公式キャラクター「めいじろう」
 上の新聞広告をご覧になった読者の方は、広告を手にもって、目の前でくるくる回してみたり、揺らしてみたりしてください。図形の中に何かが見えてきませんか?

なんと図形の中に、明治大学公式キャラクター「めいじろう」が現れます。これは、図形を動かすことによって、その方向に明るさが平均化された図形が見えてくるためです。同じ理由から、この図形を目から遠くに離しても(その場合は、くるくる回す必要はありません)、やはりめいじろうが見えてきます。手元に新聞がない方も、PCから離れたり、スマホを揺らして見てみてください。

めいじろうの視線の先には何がある?

実は上の広告には、もう一つ秘密があるんです。左下の文章をよく見てください。不自然に短い行があったり、長い行があったりすると思いませんか…?

文字通りめいじろうの視線の先、やじるしに沿って文章の最初の文字を縦読みすると……。

もう分かりましたね。そうです。「先 端 数 理 科 学 の 明 治」という言葉が浮かび上がってくるんです。私たちは常識や今までの経験から、何の疑いもなく、文章を左から右に読んでしまいます。しかし、少し視点を変えて、世の中の常識や目の前のことを疑ってみることが、新しい発見につながるかもしれません。

目の前の常識が覆る!? 計算錯覚学の世界

めいじろうのダイエット
めいじろうのダイエット
 今回の図形を制作した、明治大学 先端数理科学インスティテュート副所長 杉原 厚吉 特任教授は数学を使って目の錯覚の仕組みを調べる研究を行っています。

上面にめいじろうのイラストが描かれた2つの箱があります。左の箱に描かれためいじろうは、右の箱に描かれためいじろうよりやせて見えます。しかし、この二つのめいじろうは、2次元図形として全く同じもので、重ねるとぴったり合います。

実は、めいじろうだけでなく、二つの箱の上面の平行四辺形自身も、2次元図形として全く同じもので、重ねるとぴったり合います。同じものなのに違って見えるのは、これらの図形が厚みのある箱の上面として描かれているために、私たちの脳が奥行方向の大きさを補正して解釈するためです。この現象は、シェパード錯視と呼ばれています。

「めいじろうのダイエット」印刷用データは >>こちらから ダウンロードできます。ダウンロードしたら紙に印刷し、めいじろうが載っている上面(上記画面の白地になっている四角部分)を切り抜いてみてください。不思議なことに、重ねるとぴったり同じになります。ぜひ一度お試しください。

このような錯覚は、平面だけでなく、立体でも数学の力を使い、表現することが可能です。杉原研究室では、「不可能モーション立体」の研究、制作も行っています。立体自体はありふれた形ですが、そこに動きを加えるとありえないことが起こっているという印象を作り出す立体が「不可能モーション立体」です。棒がありえない向きに窓や隙間を貫通したり、玉がありえない方向へ転がっていったりします。

Meiji.netでは、以前にも計算錯覚学を取り上げ、杉原先生にインタビューを行っています。
>>動画でわかる!「計算錯覚学」 ―だまし絵が立体に!?生活の中にも潜む不可能立体の世界と錯覚の不思議―

驚きや面白さのインパクトから取り上げられることの多い錯覚の世界ですが、実は社会の様々なシーンで数多く活用されているんです。「数学」や「研究」というと、言葉のイメージから難しく捉えがちですが、普段の私たち生活とも関わりが深いと知ると、少し身近な存在に感じることができませんか?

AD Informationの関連記事

明治大学からのお知らせ

  • ニュース
  • プレスリリース
  • メディア掲載
  • イベント

お知らせ一覧

2017年3月26日
2016年度明治大学卒業式を挙行しました
2017年3月24日
駐日米国臨時代理大使が明治大学に来校 —学生によるキャンパスツアーも実施
2017年3月24日
【理工学部】電気電子生命学科井家上哲史教授がフェローの称号を授与されました
2017年3月21日
JMOOC講座「安全の共通理念を学ぶ 安全学入門」(無料)の受講を受付け中
2017年3月17日
京王線明大前駅の列車接近メロディーが明治大学校歌に —3月25日(土)始発から—
2017年3月17日
校友会熊本県支部と明大マンドリン倶楽部が熊本地震被災地で復興支援の特別演奏会を開催
2017年3月17日
KAKEHASHI Projectで学生23名がアメリカに派遣されました
2017年3月24日
国際武器移転史研究所研究叢書2 榎本珠良編『国際政治史における軍縮と軍備管理』2017年3月刊行
2017年3月23日
明治大学出版会 『知の橋懸(がか)り-能と教育をめぐって』 『アメリカ分裂-数字から読みとく大統領選挙』 『阿久悠 詞と人生』を刊行
2017年3月21日
国際日本学部 新講義科目がスタート、 2017年度より社会連携科目を開講 ~中野区、企業等と連携し、学生の主体的な学びを後押し~
2017年3月21日
《ラグビーシンポジウム》「ラグビーW杯2019に向けて -歴史的勝利の裏側と新たなステージへ-」4月1日、駿河台キャンパスにて開催
2017年3月17日
—3月25日(土)始発からー京王線明大前駅の列車接近メロディーが明治大学校歌に! ~京王沿線で校歌の導入は初!~
2017年3月15日
-貴重な“発禁本”の書誌目録-『明治大学図書館所蔵 城市郎文庫目録』出版記者会見を実施。3月28日、駿河台キャンパスにて
2017年2月23日
「倉橋由美子文芸賞」「阿久悠作詞賞」の第8回受賞作が決定 2月28日、駿河台キャンパスで表彰式 ~課題曲提供の河口恭吾さんも出席し、大賞曲をお披露目~
2017年3月27日
ZIP!(日本テレビ系列・3月29日放送予定)/「なーるほどマスカレッジ」のコーナーで、宮下芳明教授(総合数理学部)・秋山耀さん(理工学研究科博士前期1年)が開発した、手書き図面で造形できる3Dプリンタが紹介される予定です
2017年3月24日
首都圏ネットワーク(3月23日放送・NHK)/特集「農業に最新技術 “復興の力に”」で、小沢聖特任教授(農場)のコメントが放送されました
2017年3月23日
読売新聞(3月23日朝刊)/山脇啓造ゼミナール(国際日本学部)が作成した、中野区の外国人の家探しを応援するウェブサイト「Living Together in Nakano」が紹介されました
2017年3月23日
毎日新聞(3月23日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
東京新聞(3月22日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
朝日新聞(3月22日朝刊)/国際日本学部が2017年度から実施する中野区との連携講座が紹介されました
2017年3月23日
北海道新聞(3月21日朝刊)/札幌市で行われた講演会「憲法はどこへ−家族を考える」についての記事に、鈴木賢教授(法学部)の講演内容が紹介されました
2017年2月24日
【リバティアカデミー2017年度開講オープン講座】ラグビーW杯2019に向けて—歴史的勝利の裏側と新たなステージへ—
2017年2月22日
2017年度入学式のお知らせ
2017年2月20日
【株式会社明大サポート寄付講座】「長期投資の時代 ~金融制度改革の行方~」
2017年2月20日
【明治大学連合駿台会寄付講座】「世界の目、日本の目」~記者43年、何を見たか~
2017年2月20日
【明治大学校友会寄付講座】「強い自分をつくるマネジメント」~今こそ問われる心の在り方~
2017年2月20日
【和泉キャンパス公開講座】「アメリカらしさ」とは何かについて考える ~銃規制からトランプ氏勝利まで~
2017年2月20日
【生田キャンパス公開講座】自律移動型ロボットとネットワークロボットの現在と未来

Meiji.netとは

新着記事

#1 悪徳商法に泣き寝入りしない!消費者保護の法律を学ぼう!

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

コーポレート・ガバナンスと経営戦略との関係把握を目指して

ダイバーシティの根幹に触れるヒューマンライブラリーの取組み

人気記事ランキング

1

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

加藤 久和

2

「東アジア共同体」を構築するために“日本型TPP”を促進すべき

金 ゼンマ

3

日本のものづくりの強みと弱み

富野 貴弘

4

「教育は唯一奪われないもの」パレスチナ難民の思いに応える

岸 磨貴子

5

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

池宮城 秀正

Meiji.net注目キーワード

明治大学